オンライン診療のご案内はこちらオンライン診療のご案内はこちら 初診のご予約はこちら

院長の想い

両角レディースクリニックは医療チームの連携を大切にし、患者様ひとりひとりにあった治療をエビデンスに基づき提供致します。また患者様に寄り添い誠実に医療を行います。自分の子供を腕に抱くという最高の夢を叶える為に是非一歩私達と踏み出してみませんか?


両角 和人
Kazuto Morozumi

両角レディースクリニックの特徴

患者様の希望に沿った治療方針

体質・年齢・AMH・他院での治療歴・既往歴、患者様のご希望に沿っておひとりおひとりにオーダーメイドの治療プランをご提案いたします。常に最新の研究結果やデータを集め科学的根拠に基づき治療方針を決めていきます。
最新の研究結果やデータもご提示いたします。

最新型エンブリオスコープの導入と
充実した培養施設

徹底した安全管理のもと培養士が卵の質を極力落とさないようにお預かりいたします。
エンブリオスコープとは胚の培養をタイムラプスで録画してより移植に好ましい胚を選別することが出来る、特殊な培養庫の事です。
受精の詳細や胚の分割などを細かく調べられるため、より妊娠しやすい胚を選別することが可能になります。

移植時の旦那さま立ち会いOK

当院では大切な移植の瞬間に旦那様にもオペ室で立ち会っていただくことが可能です。
移植する胚や子宮の様子をモニターでご確認いただくことができます。
奥様からはリラックスして移植に望めた、旦那様からは奥様の大変さが分かった、感動したなどのお声をいただいております。

不安払拭フォームで患者様をサポート

初めてのご来院で不安に思っていること、医師に聞いておきたいことなどをあらかじめお伝えいただけるようにWebで不安払拭フォームを設けております。
受診前にご活用ください。

東京都特定不妊治療指定医療機関

東京都では、不妊検査及び薬物療法や人工授精等の一般不妊治療、特定不妊治療(体外受精及び顕微授精)、不育症検査にかかる費用の一部を助成する制度があります。当クリニックは東京都の不妊・不育に関する助成事業指定医療機関です。

ファミリールーム完備

第2子、3 子を治療される患者様にご利用いただける無料のファミリールーム(託児所)を3階に設置しております。
専用の出入り口からご利用いただけます。

先進不妊治療検査が可能

当クリニックは「ERA」「EMMA」「ALICE」最新の不妊治療検査を行っております。
この検査は健康な子宮環境を目指す先進不妊検査となります。
健康な子宮内膜環境が妊娠に繋がります。
また、検体採取は1回のみで3つの検査を同時に調べる事ができます。

着床前胚染色体異数性検査(PGT-A)
実施クリニック

日本産科婦人科学会主導による「反復体外受精・胚移植(ART)不成功症例および反復流産症例および染色体構造異常例を対象とする継続妊娠率向上を目的とした着床前胚染色体異数性検査(PGT-A)の有用性を検討する多施設共同研究」が実施されております。
当院では、学会が提示した条件に当てはまる方を対象に臨床研究を実施します。

日帰り子宮鏡下手術が可能

当クリニックでは、子宮鏡検査にて診断した子宮筋腫、子宮内膜ポリープに対して子宮鏡下手術を日帰りにて行っております。
子宮鏡下手術とは、子宮用の内視鏡を子宮の入り口から挿入し、子宮筋腫や子宮内膜ポリープなどの病変を子宮鏡の先端にある電気メスを操作し切開・切除する手術です。
子宮内の様子は、子宮鏡に内蔵のカメラからをテレビモニターに映し出され、医師はその画面を観ながら処置を行います。
腟から直接子宮内へ内視鏡を挿入しますので、切開等の傷は無く、体への負担が少ない手術です。

※無料コンセントとWi-Fi完備
※停電・地震に備えての安全対策
※防音、遮光フィルムでプライバシーを尊重

診療実績

【2012年7月〜2020年12月】

■凍結胚移植妊娠率(GS/周期数)

治療説明会

治療を受けてみたいと漠然と思っても、すぐには決断できることではありません。
どんな病院なのか、治療法はどんなものなのかを 不安に思う方もいらっしゃることでしょう。
そんな方は一度、当クリニックの治療説明会をご覧ください。

説明会はコロナウイルス対策の為、オンラインセミナーのみ開催を予定しております。


日時:2022年12月14日(水) 18:30~19:30
※今回のテーマ「不妊治療 大質問会」

申し込み方法:ご希望の方は下記申し込みフォームよりお申し込み下さい。



タイムスケジュール

下記治療説明会動画を事前に視聴頂いた上でご参加ください。
18:30~19:30:院長によるライブ説明会

治療説明会動画

当クリニックの治療方針や施設をご紹介しております。
是非ご覧ください。

【説明会動画の内容】
0:00:04自己紹介
0:01:16当院について
0:14:28立ち会い移植
0:18:00体外受精において大切なこと
0:18:13①採精
0:43:34②卵巣の評価
1:11:33③誘発方法
1:26:52④採卵
1:42:03⑤胚培養
2:15:42⑥胚移植
2:17:36⑦着床率向上の工夫
2:33:30最後に

診療内容

診療費用

不妊治療に関しては、健康保険が適用される治療と適用外(自費診療)の治療がございます。

当クリニックではできるだけ保険診療を行いますが、人工授精、体外受精、顕微授精などの生殖補助医療につきましては、保険の適用外(自費診療)となりますのでご了承ください。

保険の場合も、1ヶ月あたりに適応となる検査の回数や、処方の量には限界があり、超えると自費になりますのでご了承ください。


■初診検査料金 22,000円(税込)

※こちらは皆様必ず受けていただく初診セットの金額となります。こちらの他にお一人おひとりに必要な診察費用が発生いたしますのでご了承ください。


■体外受精+凍結融解胚移植(採卵周期開始~妊娠判定まで)の標準治療費 50万〜76万円

※お一人おひとりに合わせ、違う治療内容等行っております為、上記金額はあくまで一つの目安としてお考えください。

※「人工授精」、「体外受精」、「顕微授精」など生殖補助医療は保険の適用外となりますので一度ご確認ください。

診察時間

診察時間
9:30-12:30 ×

採卵、移植、
人工授精および
それらに関わる
診察

※2

15:30-18:30

【最終受付時間】
採血:17:30 / 診察:18:00

※1


第4水曜は
午後15:30~16:30

※3

×

14:00~15:30

※4

× ×
※1 【最終受付時間】採血:17:30 / 診察:18:00
※2 採卵、移植、人工授精およびそれらに関わる診察
※3 第4水曜は午後15:30~16:30
※4 14:00~15:30

診察最終受付時間

受付終了30分前の18:00
採血がある場合は1時間前の17:30まで

お間違えのないようお気をつけくださいませ。

・治療説明会は土曜(不定期)17:00~19:30を予定しています。開催日が決まり次第「お知らせ」に掲載いたします。
・ご予約をキャンセルされる場合は、必ずご連絡くださいませ。
・ご予約時間を30分過ぎましてもお見えにならない場合には、キャンセル扱いとさせていただきます。
・当月初めての方は、保険証をご提示いただいております。確認がとれない場合は、一旦自費(10割負担)でお支払いただくことになりますので、予めご了承ください。
・診療内容によりましてお時間がかかる場合がございますので、診察受付終了時間の30分前までにお越しください。

ご予約はこちらから

ウェブでご予約

携帯電話・スマートフォンから

WEB予約ページのURLを携帯に送信

宛先にご自分の携帯電話アドレスを入力してください。
左記のQRコード、もしくは上記ボタンか、手打ちでhttp://wclc.jp/morozumi-lc/へアクセスします。 (ご予約)へお進みください。

お電話でご予約

初診の方

03-5159-1108(初診予約専用)

再診の方

受付時間:9:30~18:30(水・土曜16:30まで、木・祝日12:30まで)

※診療時間内にご予約をお願いします。

診療時間について >

※ご予約をキャンセルされる場合は、必ずご連絡くださいませ。
※ご予約時間を30分過ぎましてもお見えにならない場合には、キャンセル扱いとさせていただきます。
※ご予約が遅いお時間(17:00以降)の場合、医師の指定は出来かねますので、予めご了承ください。

電源コンセントとWi-Fiサービスについて

当クリニックでは電源コンセントとWi-Fiサービスを無料でご利用いただけます。ご自分の携帯・スマホ・パソコンよりWi-Fiを利用してインターネットにアクセスすることが可能です。Wi-Fi接続に必要なSSID・パスワード等は院内に掲示しておりますのでご確認ください。

ご利用についての注意事項

  • 充電ケーブルの貸し出しは行っておりませんのでご自身でお持ちください。
  • ウィルス対策やセキュリティ設定は、患者様ご自身で行っていただきますようお願いいたします。
  • ご利用により発生した損失・損害につきましては、当クリニックは一切の責任を負いかねます。
  • 大容量のデータアップロード等、回線に負荷をかける行為はご遠慮ください。
  • 音楽や動画再生等で音声が発生する場合には、イヤホン等をご使用になり他の患者様へご配慮ください。
  • クリニック内でスマホを用いた録音、写真および動画撮影は、個人情報保護・医療情報漏えいを防ぐため禁止とさせていただきます。
  • 当クリニックスタッフにより機器使用を控える指示がありましたら、指示にしたがってください。

新型コロナウイルスに対する当クリニックの対応について

患者様に安心してクリニックにご来院いただけますよう、 また院内での感染防止対策のため、下記に記載する内容にご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

1.ご来院前のお願い
〜下記の項目に該当する場合には、ご来院をお控えいただくかご来院前に必ずお電話にてご相談ください〜

  • 発熱(概ね37.5度以上)かつ呼吸器症状(せき等)のある方
  • ご来院時の検温で37.5度以上熱があった場合には採卵・移植の場合でもご帰宅いただくことをご了承ください。
  • 濃厚接触者と判明した場合、PCR検査が陰性であった場合でも政府の要請に従い14日が経過してからご来院ください。
  • すでにかかられた方に関しましては、病院、保健所より職場復帰可能とされた日よりさらに2週間経過されましてからのご来院にご協力お願いいたします。
  • 14日以内に海外渡航歴がある方
    2020年11月 現在、政府より海外から日本に入国するすべて方を対象に検疫所長が指定する場所(自宅など)で入国(検体採取日)の次の日から起算して14日間待機すること要請されております。当院へお越しになる場合はPCR検査が陰性であった場合、ワクチン接種済みの場合でも政府の要請に従い14日が経過してからご来院ください。
    ※今後入国に関する制限等は変更されることがございますの厚生労働省の最新情報をご確認ください。

なお、最新情報は厚生労働省のホームページをご参照ください。

▼厚生労働省ホームページ

新型コロナウイルス感染症について

新型コロナウイルス感染症対策について

スマート検温チェッカー設置

4階の発券機横に約1秒で検温ができるスマートチェッカーを設置しております。
ご来院されましたらこちらのカメラにお顔を近づけて検温をお願いいたします。(マスクのままで計測可能です。)

37.5°以上を感知いたしますとアラームが鳴ります。

アラームが鳴りましたら恐れ入りますが、看護師がまいりますのでボードについております呼び出しボタンを押してお待ちくださいませ。

2.不織布マスク着用及び手指消毒のお願い

新型コロナウイルスの感染予防のため院内では不織布マスクの着用を必ず御願い致します。
各種の研究により他の材質のマスクに比べて飛沫を防ぐ効果が高いことが分かってきております。
布製・ウレタン製マスク等でご来院された場合はお取替えをお願いさせていただくことがございますので予めご了承ください。

マスクをお持ちでない方は受付まで申し出てください。

また入り口にて手指の消毒も併せて御願い致します。

スタッフもマスクを着用致しておりますが上記の感染予防を目的とさせていただいております。ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

3.院内感染防止の対策及びお願い

  1. 待合室では出来るだけお隣と椅子をひとつ空けてお座り下さい。4階の待合室が混み合っている場合には3階の待合室を是非ご利用下さい。
  2. 診察毎に毎回スタッフがドアノブ、椅子、内診台、テーブルをアルコール消毒しております。また定期的に待合室の各部位をアルコール消毒しております。
  3. 全ての部屋に空気清浄機を設置しております。待合室にも空気清浄機を多数設置しました。

4.診察への同伴について

健康状態が良好の場合、旦那様の同伴や移植の立ち合いが可能でございます。
※ただし、混雑しております場合には極力院外にてお待ちいただけますようご協力お願いいたします。

 

同伴の方に関しましても、感染防止の観点から引き続きマスクの着用と、発熱(概ね37.5度以上)・咳など症状、体調の優れない場合はお控え頂きますようご協力のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

また、今後の状況によりましては対応を変更させていただく場合がございますので、予めご了承いただけましたら幸いです。

5.院内の衛生管理とスタッフの感染防止策

当院では下記の通り院内の衛生管理とスタッフの感染防止策を徹底しております。

  1. 出勤および退勤に際し全スタッフに対して検温を義務づけています。
  2. 換気を定期的に行い、テーブル、ドアノブ、内診台、椅子など患者様やスタッフの手に触れる箇所は頻回にアルコール消毒を実施しています。
  3. 全ての診察室、処置室、エコー室に空気清浄機を設置しました。
  4. 待合室の座席について、可能な限り一つ開けてお座りいただく様にお願いしており、より広い三階でお待ち頂くことをお勧めしております。
  5. お渡しするiPadやイヤホンやボールペンなど、手に触れる物は全て毎回アルコール消毒を実施しています。
  6. 職員は常時マスクを着用し、こまめに手指の消毒を行っています。
  7. 休憩室に多くのスタッフが密集しないように分散して休憩をとるように配慮しています。食事の際は1人一つのテーブルとして、各テーブル間にはパーテーションも設置しております。
  8. スタッフ同士は会話の際も十分な距離をとり、密集しない様に常に意識しています。
  9. 休憩室には空気清浄機を複数台設置して換気を定期的に実施しています。
  10. 外食も控えるなど不要不急の外出を避けています。

この様に全スタッフが感染のリスクを回避する行動を常に怠りません。

両角レディースクリニック院長 

pagetop